幼稚園の発表会のこと

 

こんにちは、福澤です。

写真は誕生日に、遠くに住む友達が送ってくれたブーケ。

チューリップの産地で有名な、富山県のお花屋さんから届きました。

見るからにとってもしっかりしたチューリップで、他のお花も発色がとてもよく本当にきれいでした。

お花が届くって、とってもうれしいものですね♪

 

さて、今日はタイトルのとおり子どもの幼稚園の発表会のこと。

最後の発表会は学年ごとの開催でした。

このご時世で発表会の開催、先生方はいろんなことに気を使われて本当に大変だったことと思います。

(お手洗いに入ったら個室に園が設置したアルコールが置かれていて、、、どれだけのことに気遣いされていたか、そのおかげで開催出来たのかと思うと、それだけで感極まります、、、泣)

 

演目は学年全体での合奏、合唱(今年は事前に撮ってもらっていたビデオ放映)、クラス・男女で別れてのダンス、そして体操発表です。

 

ダンスはキラキラの衣装に包まれて大きな舞台に立ち、子どもたちの嬉しそうな表情、一生懸命歌いながら踊る姿がかわいくてかわいくて、胸がいっぱいになります。

 

そして体操

うちの子どもたちが通う幼稚園は体操に力を入れている園で、年少のときから毎日体操の時間があります。

柔軟にはじまり、ブリッジ、ブリッジ歩き、逆立ち、側転など、一つずつクリアしていくのですが、出来るようになりたいという想いから、毎日家でも練習していた双子。

時には出来なくて悔しくて、ギャーギャー泣いて怒って

時にはそろそろ疲労骨折でもしそうだからやめてーー!と思うくらい

いつもいつも練習する姿を見ていたこともあって、ステージの上で堂々と披露する姿に、またまた胸がいっぱいになりました。

 

うちの子どもたちだけでなく、周りのお友達もみんな

運動会にはできなかったことが、この半年でできるようになってる!!

もう感動しかありません、、、

3年間の積み重ね、その集大成を見せて頂きました。

3年間頑張った子どもたちの頑張りに、心が震えるようでした。

 

そして3年間毎日、怪我をさせないように見守り、指導し、子どもたちの感情を受け止め共感し、いつも応援してくれた先生方

もう、言葉にならないほど感謝の気持ちでいっぱいです。

 

改めて、子育ては親や家族だけでしてるんじゃないんだなと、

幼稚園で多くのことを経験し、学び、吸収して、大きく大きく育てて頂きました。

 

幼稚園生活ものこり数日。。。

卒園式を前に、親の私のほうが動揺(?)していて自分でも驚いています。

子どもの成長が嬉しくも寂しく、先生方にお会いできなくなるのがとてもさみしいようです。(わたしが、、、笑)

そんな私のことはおかまいなく、双子は毎日小学校1年生の歌をうたって

とても楽しみにしている様子♪

その姿を見ながら、自分も切り替えていかなければと思う毎日です。

 

 

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。